- みなさまの目の健康を守ります -【国分寺 さくら眼科】

  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

診療・手術のご案内

LASIKレーシック手術

わずか10分ほどのレーザー治療で
眼鏡やコンタクトレンズがいらない快適な裸眼生活を

レーシックは近視(遠視)や乱視を治す手術で、わずか10分ほどのレーザー治療で、眼鏡やコンタクトレンズがいらない快適な裸眼生活が期待できます。興味がある方はお気軽にお尋ねください。
術前術後の検査は当院で行いますが、手術は提携施設にて行います。

目の仕組みと屈折異常について

人がものを見るときの視覚情報は、角膜と水晶体という2つのレンズで屈折し、網膜に投影されます。これらのレンズでの屈折が適切であれば網膜にぴったりとピントが合うため、裸眼でもよく見えるのですが(この状態を正視といい、いわゆる“目がいい人”です)、レンズの屈折が不適当であれば、網膜にはピントずれした像が映っているため、眼鏡やコンタクトレンズでのピント補正が必要になってきます。このピントずれには、近視・遠視・乱視の3種類があり、これらを屈折異常といいます。

レーシックとは

エキシマレーザーで角膜を削り、角膜表面のカーブ(曲率半径)を変化させることで、角膜の屈折力(=レンズとしての度数)を変化させ、近視や乱視を矯正する手術です。レーシックでは、角膜表面を薄くスライスして蓋のような状態にし(フラップといいます)、フラップをめくった内部を削った後、フラップを戻すことで、レーザーで削った傷をフラップがカバーしてくれるため、痛みもほとんどなく非常に回復が早いのがメリットです。

さらにイントラレーシックの場合、このフラップの作成もレーザーで行うことにより、メスやブレードを一切使いません。

レーシック治療の流れ

  • 洗眼および点眼麻酔

    洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する目に付けます。

  • フラップを作成

    角膜実質にイントラレースレーザーを照射し、均一なフラップを作成します。

  • フラップを翻転

    フラップをめくります。

  • エキシマレーザー照射

    エキシマレーザーを角膜実質層に照射し、角膜の屈折率を矯正します。

  • 洗浄

    フラップを戻し、フラップ下をよく洗浄することで余分な異物を徹底的に洗い流します。

  • フラップが自然に接着されるのを待ちます。(数分間)

レーシック使用機器 

目の解析を行うiDESIGN®アドバンストウェイブスキャン(Refractive Studio)と、角膜にフラップを作成するiFS®アドバンストフェムトセカンドレーザー、角膜にレーザーを照射するSTAR S4 IRエキシマレーザーを使用します。 

レーシックとは

※レーシックは自費診療になります。
完全予約制で行っておりますので、まずはお電話 (042-320-7077) にてお問い合わせください。

  • 01適応検査
    まずは、手術が安全に受けられる状態かどうかを、この検査にて判断します。所要時間は2時間ほどかかります。また、適応検査前は一定期間、コンタクトレンズを中止していただいております。
  • 02手術
    手術のみ新宿にある提携クリニックにて行います。執刀は当院の院長が行います。実際の手術は10分ほどですが、当日の所要時間は2時間ほどになります。
  • 03術後検診
    手術翌日、1週間目、1ヶ月目、3ヶ月目、6ヶ月目に来院していただきます。術後検診は当院にて行います。所要時間は15分ほどです。

料金表

カスタムイントラレーシック 両眼275,000円(税込)
適応検査 5,500円(税込)

※ 術後6ヶ月目までの定期検査代および初回に処方する各種点眼薬1本ずつの料金が含まれます。
※ 目薬の追加処方は有料です。

WEB予約はこちら